賭け

調子のいい音楽が、賭けを促すのに使われている?

ギャンブルは何世紀にもわたって、世の中の一部であった。かつては、賭けにつぎ込まれる金額はもっと少なく、プレーヤーにとって娯楽の要素がより重要だった。しかし今や、人々がギャンブルに引きつけられる一番の理由は、金銭的要素である。プレーヤーはいつも、ゲームにつぎ込んだ金額を2倍にして取り戻そうとしている。新しく、スタイルと政府の規則・規制がギャンブルに付け加えられた。政府は、市民の生活を改良するため、ギャンブルに規則・規制を課している。知らないうちに、ギャンブルはプレーヤーの生活に深刻な影響を及ぼすのである。ギャンブルは、プライベートと仕事の両方でその人の生活に影響する。一般に、ギャンブルのポイントは、より多くのお金を稼ぐことだと考えられている。しかし、ギャンブルとは、ゲームの間にプレーヤーが経験することそのものなのである。この経験は、その人のメンタルヘルスに大きな影響を与える。 音楽の調べとギャンブル 調査によると、音楽には人間のムードや行動に影響を与える力がある。困難で複雑な状況で、メロディは奇跡的に作用してきた。メロディは、人間の心を動かすのに重要な役割を果たす。悲しい曲は、人を悲しくさせることができるし、幸せな曲は、その人の気分を引き立てることができる。もし、ロマンティックな曲が流れていたら、人は情熱的になるかもしれない。この感情と曲との関係にはきりがない。音楽は、映画鑑賞、ショッピング、長いドライブ、トレッキングなどの経験にも影響する。このことは、人はある特定のタイプの音楽とかかわって、それに応じた行動をとるということをはっきりと物語っている。ディクソン、トリッグ、グリフィスは、2007年、60人のギャンブラーを対象に、音楽の影響を調査した。この調査の結果は、速いテンポの音楽は、ギャンブルの展開を速くすることを示した。つまり、音楽のペースは賭けのペースにも影響を与えうるのである。後に、ノルウェー研究評議会から資金を受けた専門家による別の調査は、ゆっくりとしたテンポと速いテンポの両方が、ギャンブラーの考えを変えることがありうると示した。また、ギャンブルにインスパイアされた曲は、レディー・ガガの「ポーカー・フェイス」、ケニー・ロジャーズの「ザ・ギャンブラー」、モーターヘッドの「エース・オブ・スペーズ」、ローリング・ストーンズの「ダイスをころがせ」、ザ・クラッシュの「ザ・カード・チート」、そして、エルヴィス・プレスリーの「ラスベガス万才」などいろいろある。 結論 プレーヤーは、ギャンブルから明確な影響を受ける。プレーヤーのその時の気持ちは、プライベートと職業上の生活に加えて、そのゲームにも影響する。もしプレーヤーがとても自信に満ちたいい気分でカジノに入店したら、彼らはより長く、よりたくさんギャンブルをすることになる。彼らは恐れ知らずで、リスクを気にかけない。また、人々はカジノでのギャンブルのスタイルに簡単に引きつけられる。彼らは、ギャンブルができる、ギャンブルをしなくてはいけない、とさえ考えはじめる。これは、初めてギャンブルをする人にとっては、ストレスの多い状況をもたらす。ギャンブルのもっとも重要な心理的な側面の1つは、迷信を信じることである。プレーヤーは自分のラッキー・スーツを着ることや、ラッキー・ペンをゲームのテーブルまでもってくることで、勝利が確実になると信じている。

Scroll to top